水龍の特徴と開運ポイント

独自の美意識をもつ、有終の美を飾るひと

一日の終わりは、夕日によって締めくくられます。沈みゆく夕日の美しさこそが、水龍が潜在的に求める世界です。水龍には、幕引きの役割があります。若い時から独自の美意識や感性を持っている方が多いのが特徴です。

歌手の尾崎豊さんや、Mr.Childrenの桜井和寿さん。彼らの持つ独特な美意識が、世の中に認められ受け入れられたことが大ヒットを生み出したのでしょう。

全体の流れを読む冷静さと愛にあふれた情熱の二面性を持ち合わせています。一見クールに見えて、実はロマンティスト。物事を水に流すと言いますが、水の持つ幕引きのエネルギーをもっているのが水龍です。

たとえば、お笑い芸人で言うと、ナインティナインの岡村隆史さん、島田紳助さんが水龍です。彼らの共通点は、お笑い芸人の資質として、オチをつけることがうまかった、ということでしょう。自ら盛り上げるというよりも、誰かが盛り上げた流れを受け継いで最後にオチを付ける。グループや友達同士の会話でも、自ら盛り上げるというより、締めの一言を言うタイプの人が多いです。誰かが始めたことを終わらせる、あるいは完成させるという資質をもちます。家系の中でも、組織や集団でも、水龍がリーダーになると、次の代からその家系や集団のカラーが変わっていきます。


六龍の中では老人の特性を持ち、子供のころからどこか大人びて、落ち着いています。全体の流れをよく把握したような冷静な面と、「愛こそすべて!」とロマンや夢を追いかけるような情熱を兼ね備えています。

たとえば、プロゴルファーの石川遼選手、フィギュアスケート選手の浅田真央さん、プロ野球選手の大谷翔平さんなど、若いときからしっかりしている印象を与える方が多いです。一見冷静に見えても、内面には夢やロマンを抱えている方が多いのが特徴です。


また、男性ではおすぎとピーコ、美川憲一さんなど、中世的な雰囲気を持つ人が多いのも特徴です。物事を包み込むおおらかさと柔らかさを併せ持っています。女性はサバサバとした気性の人が多い傾向です。

温和で優しい雰囲気で、一緒にいてとても安心できる、何でも相談できるタイプです。また、固定観念に縛られず、あらゆる角度から物事を見る事ができます。滅多な事では怒らず、周りの人の発言もおおらかに受け止めます。

水龍の人はとても上品です。態度も品がありますが、人間関係にもその品の良さが出ています。そんなスマートさに憧れる他の龍の人はとても多いです。初対面でなれなれしくされるのは嫌だなと思うことは多いでしょう。

いったん仲良くなると関係は長続きするのですが、初対面のうちは自分のことをみせるのも、相手の人がプライベートな領域まで立ち入ってくるのも嫌だと思う傾向があります。人の意見をよくきいて、全体の流れを把握してから、自分の意見を述べます。最初に発言や提案をする盛り上げ役よりも、まとめ役が適任。冷静ですが、感情は豊か。「まぁまぁ、そう固いことは言わずに……」といった感じで、全体を和ませるのも得意でしょう。

まとめ役を果せるようになるには、どんな場面でもきちっと物事を締めくくり、全体をスッキリさせる力を得なければなりません。そのためにはいろいろな経験を積む必要があります。たくさんの人に会って、恋をしたり、冒険をしたり、成功も失敗もたくさん経験すること。小さな恐怖にとらわれて行動しないでいると、運気を下げてしまいます。

恋愛・結婚について

映画のようなドラマチックな恋を望む慎重派

水龍が理想とするのは、映画のようなロマンティックな関係です。恋愛中は、二人のルールを決めるのが大好き。誕生日などの記念日を大切にしたり、眠る前に「おやすみ」のLINEを送りあったり、朝出かけるときに行ってきますのキスをしたりすることに、安心感を覚えます。

同時に、美しい関係性を求める傾向があります。距離がある時は、ワガママを言って相手を困らせたり、突然の別れに取り乱したりすることはまずありません。恋愛に至るまでの道のりも、そして、いざ恋愛が始まってからも、しばらくは慎重派です。その反面、“品上がる”時は、失敗を恐れずガンガン攻めの姿勢でアタックします。

いい恋愛を引き寄せるには、水龍の人が自ら幸せなビジョンをもつことが大切です。「きっと、あの人とうまくいく」とポジティブな気持ちでいるようにしましょう。 

今現在、幸せでない恋愛をしているのなら、思い切って手放してしまうこと。失恋やつらい恋愛の経験が増えるほど、水のカルマが流れて浄化し、水龍の魅力がアップするからです。

水龍は「気持ち」に心が動くタイプ。そのため、恋愛の相手が水龍の場合は「相手が何が喜ぶ言葉なのか?」を考えて声をかけたり、メールを送ったりするようにしましょう。真心がこもったプレゼントや、ストレートに気持ちを込めたメッセージカードもオススメ。わざわざ会いにいくことも効果的です。行動の背景にある労力やエネルギーを感じた時に、水龍の人の心は揺れるのです。

仕事について

水龍のキーワードは「循環」。水が滞ると腐るように、情報、お金、思い、エネルギーも滞らせないことがポイントです。手元にあるお金を世のなかに流すと、入ってくるお金が増える傾向があります。とくに、よいことにお金を使う習慣をつけると金運がグンとアップします。コンビニの募金箱に小銭を入れる、お世話になった人に感謝の品を贈るなど、少額でいいので他人のためにお金を使いましょう。目下の人や部下におごってあげたり、困っている友人の手助けをするのもいいですね。

「こんなことをして、何の役に立つのだろう」と思うようなことでも、善意の行動はすすんで買って出ましょう。あなたの行動を誰かに提供することで、めぐりめぐってお金がやってくるからです。

自分のためにお金を使うなら、体のケアグッズ、インテリア、アート作品など“美”につながるものがおススメ。金額が大きくとも、自分に投資をすることは、“品上がる”行動です。逆に、ストレス発散のためにお金を使うと“品下がり”、お金の循環が悪くなります。

どんな仕事をしていても、何事も「知ること」を大事にしましょう。知ったかぶりはしないこと。人は自分の無知を認めることで成長していけます。知っていることや情報を人に伝えていくことで、また新たな情報が入ってきます。

水龍が品上がると、職場では長老のように頼られる存在になります。長老の役割を果たすには、どんな事態でも収束させていけるように、普段から物事を中途半端で終わらせず、キレイにまとめて仕上げていくことを心がけましょう。

水龍の有名人一覧

滝川クリステル  湯川秀樹   大竹しのぶ  ダルビッシュ有
相川七瀬    松井秀喜    相武紗季   松坂大輔
今井美樹    松本潤     椎名林檎   香取慎吾
長谷川京子   竹野内豊    浅田真央   武豊 
北乃きい    美輪明宏    槇原敬之