安倍首相が辞任表明!占った結果見事に的中!

こんにちは。
北極流占い師の相原康人です。

今回は今話題の日本の首相、安倍晋三さんを「六龍法」で占ってみました。六龍法以外の占いも出てきますよ。

2013年より首相を務め、今に至るまで奮起し日本国を引っ張ってきた安部さんですが、2020年8月に体調不良から辞任を表明しました。今後の行く末が気になります。

占いの観点からはどのような運気の流れになっていたのでしょうか?

……実は以前に占いをした結果が的中しました!

2020年5月にアップした動画がこちら↓

退陣されるタイミングは果たしてよかったのか?!
改めて見ていきましょう!

 

地龍・安倍晋三さん

六龍法で安部さんは地龍です。

地龍の特徴と開運のポイント

是非上記の記事も見ていただきたいですが……
地龍がどのような星か、簡単に解説します。

地龍は大地の性質。常に「地に足が付く」ような、現実的に推し進めていくのが得意な龍です。

仕事ができる方が多いのも特徴の一つ。安部さんの場合も政策の実行力がウリでしたね。

理想を語るが行動しなかったり、空想や妄想を話しているときはよくない流れを招きます。

そして地龍の開運のポイントは「周囲の信頼を得る」にあります。
安部さんに任せれば大丈夫!と思われるような信頼できる振る舞いがカギとなります。

安倍さんの本質的な性格

六龍は、さらに細かく60パターンに分類されます。

その人の性質を自然に例えた六十花甲子ろくじゅっかこうしというもので一般的には、十干十二支じっかんじゅうにし六十干支ろくじっかんしと呼ばれたりします。

十干は
甲(樹木)
乙(草花)
丙(太陽)
丁(炎)
戊(山)
己(大地)
庚(金属)
辛(宝石)
壬(海)
癸(雨雲)

十二支は
子(ね)
丑(うし)
寅(とら)
卯(う)
辰(たつ)
巳(み)
午(うま)
未(ひつじ)
申(さる)
酉(とり)
戌(いぬ)
亥(い)

の組み合わせで成り立ちます。

このうち安部さんは庚辰かのえたつに相当します。

つまり性格的な本質は金属(刀)です。

芸能人だと、安室奈美恵さんが同じ星の持ち主です。

才能が花開く分野は違えど、本質は同じ要素を持っている……ということになります。

金属の性質を持つ方の開運のポイントは、才能を開花させることです。

安部さんで言うと、政治家としての手腕を磨き、日本国民がよくなるような政策をしていくことが一つ使命です。

安部さんの運気の流れ

「6歳運」

占いでは、退陣に適した時期なども導き出すことができます。

安部さんは「6歳運」といって年齢に6のつく年に運気が切り替わります。
つまり6歳、16歳、26歳、36歳……と十年ごとに運気の流れが変わっているということ。

そして、この流れを見たときに退陣すべきポイントは

”今”(2020年)

だったのです!

ただいま安部さんは66歳(2020年現在)です。
つまり6歳運なので66歳は、まさに運気の流れが変わる時期。

2020年までは政治家として進むのがよかったのに対して、ここからは政治家に加えて別の道、または別の役割を担うととてもよい流れにあるというタイミングにあります。

ですので、今回の退陣は運の観点からもちょうど辞め時であり、とてもよい運気に乗れるのです。

もしもそのまま続けていたら、支持率が下がるなど流れが悪くなっていた可能性があります。

納音

さらに66歳から10年間巡ってくる星が「庚辰」です。

つまり自分の本質と同じ星が巡ってくるということです。

このことを”納音”(なっちん)と呼びます。
納音とは、自分の本質を最大限発揮することができる期間です。

その流れに乗るためには、今までの延長ではなく、新しいことを始めることが条件になります。

つまり今、退陣を決められたことは「納音」からもベストタイミングであったと言えます。

非常によい運気の流れに乗ってきている安倍さんに、さらなる期待が高まりますね!

 

安倍総理、本当にお疲れ様でした。
今後のご活躍とご多幸をお祈りしています。

相原康人