素戔嗚尊

素戔嗚尊

(読み方)すさのおのみこと

意味

日本神話の神。伊奘諾尊(いざなぎのみこと)・伊奘冉尊(いざなみのみこと)の子。天照大神(あまてらすおおみかみ)の弟。

北極流での解釈

天照大神の岩戸隠れを引き起こした張本人。多くの乱暴を行ったため、天照大神が怒って天の岩戸にこもり、高天原から追放された。出雲に降り、八岐大蛇(やまたのおろち)を退治し、奇稲田姫(くしなだひめ)を救い、大蛇の尾から得た天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)を天照大神に献じた。