「風龍」から見た「風龍」 は…

気楽になんでも話せる相手
▶︎
自然の風景からの特徴
風龍どうしは初対面でも会話がはずみ、気楽につきあえる兄弟のような相手。言葉にしなくても相手の気持ちがくみ取れ、安心を感じる相性です。
言い換えれば、自分の良いところも、悪いところも、相手の中にある、ということ。映し鏡として、相手から学んでいく気持ちが大切です。たとえば、相手の行動が雑でイヤだな、と思ったときは、‶人のふり見て、我がふりなおせ〟の精神で、自分の欠点と思って、自分を正していく気持ちが大切。相手の行動を見て、ステキだなと思ったときは、自分も同じようにできるはず、と思って意識して真似していくと、すぐ身につくでしょう。
恋愛の相性
風龍から風龍にアプローチするには?
気軽に声をかけやすく、リアクションも良いので、自然と仲良くなれます。すぐに友達のようになり、どちらからともなくアプローチが始まるでしょう。基本的にスムーズに関係が深まっていきますが、マイペースでなかなか進展しない場合もあります。そんな時は、他の龍も誘ってグループで出かけたり、食事に行くなどするといいでしょう。
風龍と風龍がつき合い始めてからは?
どちらもこだわらない性質なので、気楽でストレスなく付き合えます。ただし、刺激が少なく、発展も衰退もない、ふわふわした関係にもなりがちです。活発に行動したい風龍は、スリルがないことをお互いに物足りなく感じてしまうかも。関係を深めていくためには、ただ一緒にいることだけを目的にするのではなく、ともに目指せる夢やビジョンを持ち、何かを生み出すことを目指すのが良いでしょう。
夫婦の相性
友達夫婦のような仲良しなカップル。気を遣わず、自然体で過ごせるので、心地い家庭になるでしょう。しかし、行き過ぎると、なれあい、先送り、事なかれ主義な関係性にもなってしまいます。第三者に、頼りになるアドバイザーがいると良いでしょう。
風龍には遠慮というものがほとんどないので、時にぶつかり、口論になることもあります。ですが、一日たったらキレイに忘れるさっぱりした関係です。細かいことは気にせず、お互いを許しあえるのが良いところですので、活かしていきましょう。
親子の相性
風龍の子どもから見た、風龍の親
友達のような親子関係。一緒に出かけたりしても、楽しく過ごせるでしょう。お互いにフットワークが軽く、執着心も出にくい、摩擦の少ない関係性です。
おおらかですが、気分屋ところがあり、勝手だなと感じることもあるかもしれません。たとえば、頼りたいときに親のタイミングと合わないと、聞いてもらえない。親の気分で予定がころころ変わる、などです。親に期待しすぎず、合わせ鏡だと思えたら、自分も成長できます。良いところは真似つつ、イヤだと思ったところは自分を正していきましょう。
風龍の親から見た、風龍の子ども
風龍の子どもが興味を持ったことや好きなことは、自由にさせてあげると良いでしょう。飽きっぽくて、続かないこともありますが、そこは許してあげましょう。これだ、とハマるものが見つかったら、何年も続くようになります。熱中しすぎると、やり過ぎることもあるので、程よくブレーキをかけることも必要です。また、風龍は後継者の性質を受け持つので、女性なら母親、男性なら父親の影響を受けやすいのも特徴です。
仕事関係の相性
ノリが良く、フットワークの軽い風龍同士が組む場合は、最初から共通する目標があると、勢いよく進んでいきます。しかし、方向性のないところで風龍だけが集まっても何も始まらず、持ち前の行動力が活かされません。普段はノリがいいのに、風龍だけになると、少し慎重になってしまうのです。そんな時は、第三者を巻き込むのが吉。信頼できるアドバイザーに方向づけしてもらうか、何かを始めるきっかけをつくってもらうといいでしょう。具体的な目標設定をし、現実的な計画を立てたり、方向性が定まると、思い切り行動でき、カタチにしていくことができます。
<風龍&風龍>の著名人
中田敦彦(風龍)&藤森慎吾(風龍)[オリエンタルラジオ]
又吉直樹(風龍)&綾部祐二(風龍)[ピース]
キャリーぱみゅぱみゅ(風龍)&中田ヤスタカ(風龍)
木村拓哉(風龍)&草彅剛(風龍)
戸田恵梨香(風龍)&松坂桃李(風龍)
木佐彩子(風龍)&石井一久(風龍)