「風龍」から見た「月龍」 は…

短期集中で、運命を書き換える関係
▶︎
自然の風景からの特徴
風龍と月龍の関係は、「月にかかる雲を風が吹きはらい、そうして月が輝く」イメージ。まず、風龍が積極的に動くことで、月龍に変化が訪れ、その変化によって、風龍にも良い変化が起きる…。月龍が輝くと、その影響を受けて風龍も飛躍していくのです。
風龍と月龍は、短期集中で大発展する可能性のある、運命激変の関係です。勢いのある風龍と緻密な月龍は一緒にいるだけで刺激になり、精神的な変化が起きやすい関係です。風龍が長期的なビジョンを持って、大胆に動いていくのを月龍がサポートする、という役割分担をすると、月龍の細やかさが生き、良い展開が開かれていきます。二人の関係がマイナス方向に進みそうなときは、問題が小さいうちに早めに止めること。地龍や火龍に間に入ってもらうと解決がスムーズです。
恋愛の相性
風龍から月龍にアプローチするには?
月龍は、基本的に受け身なので、風龍が積極的に行動することで、二人の関係は動きます。月龍は、繊細で疑い深く、踏み込みにくい雰囲気があるため、風龍は近づきにくく感じることもあるかもしれません。ですが、明るくマイペースな風龍に、月龍は救われることも多いのです。月龍の繊細さにも配慮しつつも、風龍らしいいつものノリで声をかけてみましょう。明るい雰囲気で近づくのがカギです。
風龍と月龍がつき合い始めてからは?
月龍は、思ったことをなかなか全部言えない傾向があります。つきあいはじめのころは特に、風龍は、そんな月龍の微妙な遠慮や気持ちの変化に気付かないまま、すれ違いがち。「何も言わないから満足している」と思わずに、月龍に不満がないか気にかけて、よく話を聞いてあげると良いでしょう。同時に風龍は、そんな月龍から思慮深さを学ぶ機会にもなります。自分の良さも、相手の良さも認めていくことが、良い関係を続ける秘訣です。
夫婦の相性
風龍と月龍が、ともに平和で安定した生活を望むのは困難です。波乱を楽しむぐらいの心の余裕、もしくは覚悟をもって付き合うといいでしょう。主導権は、風龍が握ることになります。強烈にエネルギーが動く関係性になります。ですが、風龍の行動が雑になりすぎると、月龍は疲れてしまうことも。
行動の全てを一緒にしようとせず、それぞれに得意なことに専念しながら、必要な時には集中して話し合う、といった関係がベター。お互いに心地いペースがあることを理解して、自分の価値観を押し付けないことが、よい関係を続けるポイントです。相手を振り回しすぎてないか、たまには立ち止まって話を聞いてあげましょう。そうしていくうちに、仕事、趣味、人脈、行動範囲など、あらゆる側面で変化が起こり、今まで育ってきた環境とは、まったく違う未来に向かっていくでしょう。
親子の相性
風龍の子どもから見た、月龍の親
勉強熱心で、思慮深い親の姿から、いい影響を受けるでしょう。一方で、月龍は疑い深く、心配性なところもあるため、風龍のおおざっぱな言動に対して、口うるさく注意してくることもあるでしょう。月龍の親は、教育にも熱心なことが多く、親のこだわりや価値観を子どもにもあてはめてくることもありますが、そこに囚われない方が、風龍の良さである行動力を発揮できます。親に遠慮せず、やりたいことは、どんどんやっていくと良いでしょう。
風龍の親から見た、月龍の子ども
おおらかで優しい風龍の親ですが、月龍の子どもからは大雑把すぎるように見えます。親が全く気にもしないことを、子どもは気にしているかもしれません。特に、言葉遣いには、気をつけて。子どもを責めたり、否定したり、誰かと比較するような発言は、親が思っている以上に、子どもは重く受け止めているものです。繊細さを理解して、寄り添ってあげると、子どもは安心するでしょう。
仕事関係の相性
ビジネスパートナーとして、毎日一緒に過ごすぐらい近い距離の相手なら、1年ほどで人生がガラリと変わってしまうこともあるほど、激変する関係性です。
月龍と風龍では、視点や感覚が全く違うので、お互いに理解できないことも多いでしょう。ですが、それがいい刺激になるのです。風龍が、持ち前の勢いとパワーでリードし、月龍がその影響をうけます。そうして変化していく月龍をみて、風龍もさらに行動力を高めていきます。そうしてビジネスが大きく発展し、成果をあげていくのです。普段はクールな月龍も、パワフルな風龍に触れることで、大きく現実が動き、未来が変わっていくでしょう。
<風龍&月龍>の著名人
千原せいじ(風龍)&千原ジュニア(月龍)[千原兄弟]
東野幸治 (風龍)&今田耕司(月龍) [ダブルこうじ]
ゴリ   (風龍)&川田広樹(月龍)[ガレッジセール]
後藤淳平 (風龍)&福徳秀介(月龍)[ジャルジャル]
木村拓哉 (風龍)&工藤静香(月龍)
丸高愛実 (風龍)&柿谷曜一郎(月龍)