「火龍」から見た「地龍」 は…

長所を生かし合い、絆を深める相手
▶︎
自然の風景からの特徴
火龍と地龍の関係性は、南中する太陽の光が大地にふりそそいでいるイメージ。太陽は繁栄のエネルギー、大地は現実的な発展を象徴します。二人のエネルギーが合わさることで、現実的に発展、前進していく相性です。
火龍のわがままや思いを、地龍は大地のようにどっしりと受け止め、熱く燃える思いをサポートしてくれるでしょう。サービス精神が旺盛な地龍は、火龍からの少々の無茶振りもおおらかに受け止め、まめに動いてカタチにしてくれます。
恋愛の相性
火龍から地龍にアプローチするには?
火龍らしく、ストレートに表現すると良いでしょう。地龍には具体的なほめ言葉を添えるのもてきめん。地龍に、頼ったり、甘える感じで近づくと、距離が縮まりやすくなります。地龍は、頼られると、たいてい断らずに引き受けてくれます。そんな地龍には、きちんと感謝を表現していくことで、信頼関係が築かれていきます。
火龍と地龍がつき合い始めてからは?
タイプの違う地龍と仲良くなるポイントは、隠し事なく、本音でぶつかっていくことです。なかなか本心を表に出さない地龍に、火龍の持前の純粋さでぶつかっていき、本音を引き出してあげましょう。衝突も二人の関係に発展と前進をもたらすもの。恐れずに踏み込んでいくことで、お互いに良い面を引き出しあって、絆の強い魅力的な関係に育つでしょう。
夫婦の相性
信頼関係が太く、長くつづく理想的な夫婦になる相性です。ダイナミックにぶつかることもありますが、それがお互いの絆を深めます。衝突しながらも、前進・発展していくでしょう。

地龍の調子が悪くなると、火龍がそれに引っぱられて、一気に運を落としてしまうことも。調子が悪いときは二人で解決しようとせず、第三者に助けを求めましょう。
地龍が本音を言えないとストレスを溜めてしまうので、よく話を聞いてあげるのも大切です。火龍は、地龍への感謝やねぎらいの気持ちを言葉にして伝えてあげましょう。
親子の相性
火龍の子どもから見た、地龍の親
地龍の親は、あれこれ相談にものってくれる、頼れる親といった印象。親が常識や世間体、礼儀など、常識的、現実的なことを大事にし、きちんとしつけをしてくれるでしょう。しかし成長するにつれ、口うるさく感じることも出てくるかもしれません。火龍は、もっと自由に情熱に従って生きたいと思っていたり、精神的な成長を求める性質をもつため、現実主義の親とはかみあわない面があります。
家系から独立していくのが火龍の特徴でもあるので、親から距離をとって自立を目指しましょう。
火龍の親から見た、地龍の子ども
地龍の子どもは堅実でしっかり者。子どもの方が大人びた雰囲気になることもあるでしょう。実は愛情欲求が強い面もあり、しっかり手をかけて愛情を満たしてあげる必要があります。子どもに関心を持ち、必要なときには、自分のやりたいことよりも、親としての役目を果たすことを優先しましょう。
地龍の子どもが、親が嫌がる行動をして困らせる時は、親の気を引いて、関心や愛情をもらおうとしているサインです。ハグなどスキンシップを増やしたり、一緒の時間を過ごして愛情を満たしてあげると落ち着くでしょう。
仕事関係の相性
現実的に、着実にすすめたい仕事に向いている組み合わせです。たとえば、部下や同僚が地龍だと、火龍の「アイデア」や「感性」をきめ細かく察して、具現化してくれるでしょう。その際、火龍は奔放になり過ぎないこと、ちゃんと相手のことを思いやり、本音を伝えていくことが大切です。そうすることで、火龍は、地龍に良い影響を与えます。

火龍と地龍が関わっていく中で、今まで見えていなかった地龍の一面が見えてきます。努力してきたことが報われるという良いこともありますが、隠していたものが露顕し、思いがけず地龍の欠点や課題が目につくことも。火龍は、どんな時も地龍の立場を考えて、思いやりをもって接してあげましょう。

<火龍&地龍>の著名人
山田優(火龍)&小栗旬(地龍)
赤西仁(火龍)&黒木メイサ(地龍)
東原 亜希(火龍)&井上康生(地龍)
大地 真央(火龍)&松平健(地龍)
川島明(火龍)&田村裕(地龍)[麒麟]
田村亮(火龍)&田村淳(地龍)[ロンドンブーツ]